LINK

クレカの支払い遅延が多発している・・・支払いの不履行をしてしまうまでいかなくともクレジットカード請求の約定日に預金残高が足りておらず、カード利用料口座振替が不可という事象が発生している時にはクレジット会社が『いつでも債務超過であると推測できる』と予想するため強制退会といった事態になってしまう場合があります。

お金は十分に有しているのについ引き落とし不可にしてしまったなどということをしていても、クレジットカード発行会社の立場に立つと信用できないというクレジットメンバーという判断になってしまうために、多額の借金をしているかそうでないかは関係なく強制退会させられてしまう場合もありうるので注意。

金銭にだらしない人の採点というのはやっぱり低いのだ。

また、ただの一度でもこのようなカード利用料の口座引き落としが不可という事実があると、使用期限まで利用できても以降の再契約ができない時もある。

そのくらい意味のあることなのだと再認識し、支払い日はいつでも覚えておくようにするべきであると思います。

クレジットカード現金化というものを使用する・・・クレジットのキャッシング額がすでにいっぱいになり、もうカード会社からも貸してもらえない時に、カードキャッシュ化などと呼ばれるようなクレジットのショッピング枠を現金に変える換金術を使用してしまうとそれだけでクレカが失効という扱いになってしまう場合も存在します。

基本的にはクレカの会社はカード規約にて現金化を目的としているカードでの決済については許していないのであるから、クレジットカードキャッシュ化利用=カード規約違反=失効となることも不思議ではないのです。

ついお金に困ってキャッシュ化というものを使ってしまうと残高について一括払い請求というものを頂いてしまう事例があるようですので、何が何でも利用しないようにしてほしいものです。