LINK

日刊紙の宣伝広告、スポーツ新聞紙、街中に見かける宣伝やダイレクトメールで、「借金の整頓します」「債務を統合したくないですか」というような売り言葉を目に入れることがしばしばです。ロスミンローヤル 効果 なし

「整頓業者」「買取人」「紹介者」という名称の悪徳業者のだまし広告のケースがあるのです。SIMフリーで家計をスリムにする格安スマホ生活

こういったものを利用した場合では自己破産申し立て手順の中で一番大切な免責認可を手に入れられなくなる危険性もありえます。

「整理業者」の場合、チラシなどで負債者を呼び出し、相当な依頼料を受けて整頓をやりますが本当は整理は行われず、より債務地獄に堕ちてしまうケースがすべてと思われます。

「買取専門人」とは当人のクレジットで電化製品、コンサートのチケットをたくさん注文させて、負債者からこれらの物品を購入額の1割〜額面半値で買取るという手口が主です。

借金者はそのときはキャッシュがもらえますが、少しすればクレジット業者からの品物の支払いがくることになり、現実には債務を上乗せすることになってしまいます。

この場合だとクレジットカード業者へ犯罪行為として免責をもらえません。

「つなぎ業者」の場合、有名なサラ金から断られるようになった負債人に関して、業者として貸出は一切せずに、金貸しをしてくれる他の貸し手を知らせ、高いサービス料を請求する業者です。

紹介業者は手の込んだ手引きで融資が受けられたという口調で解説しますが、現実には何もしないまま、種は簡単で調査の甘めの業者を把握しているだけなのです。

この場合でも現実には債務額をアップさせることになります。