LINK

車の保険には自賠責保険あるいは任意保険に代表される2つのタイプが用いられています。

自賠責保険も任意保険も自動車事故など遭遇したときの補償を想定したものですが、契約の内容はやや異なっているといえます。

二つの保険を見比べると補償できるものが多少一様とはいえません。

※事故の相手については、任意保険・自賠責保険によって補償されようになっています。

※自分に対しては、<任意保険>によってのみ補償します。

※自分の財産へは、<任意保険>によってのみ補償できます。

自賠責保険だけでは自分自身の怪我または愛車についての賠償などのサポートは受ける権利がありません。

相手へのサポートですが自賠責保険においては亡くなったケースでは最大額で3,000万円、後遺障害を与えてしまった場合最高額4000万円という風に決められています。

しかし実際の賠償金が前述した金額を凌駕することは結構な頻度で起こり得ます。

またさらに相手の所有する車あるいは建物を破損してしまったとき、害を加えた人の自己補償となるのです。

そのようなわけで任意保険というものが重要だという話になるのです。

被害者の救済に重きを置く任意保険ですがそれとは違う補償が用意されています。

※事故の相手方へは、死亡時や手傷だけでなく、クルマあるいは不動産などといったものの所有物を補償してくれます。

※自分に対しては同乗者も込みで、死亡時もしくは負傷を賠償してくれるのです。

※自分自身の財産においては、乗用車を賠償します。

このようにあらゆる面でサポートが万全であるということが任意保険におけるストロングポイントです。

保険料の支出は欠くべからざるものとなることは仕方ないですが、事故に巻き込まれた時の相手方のためにも自分のためにも、車に乗るのであればぜひ任意保険に加入しておきましょう。