LINK
一昔前は婦女にしか利用できない会社というのが存在したりしました。そのころほんとにどうしたわけで婦女だけなんだろうという感じがあったのだけれども、現在でも婦女だけにしか使用できない借入理由は存在するのでしょうか。かかる質問にご回答してみたいと思います。そのころは申込に店舗窓口へと行くというのが一般的で、このごろのようなwebページ経由で申し込みができる方法というものもなかったのです。PCそのものも近ごろの画像ソフトウエアなどをインストールするとさまざまな問題が発生するといった時代で現在みたいに浸透してはいなかったのです。そのようなバックグラウンドといったものもあって店頭なんかで募集していたというわけです。何で婦女固有だったのかといいましたらその時の街金というようなものは、汚い印象といったようなものがありまして婦人に対しては利用しづらく感じられていたというわけなのです。そういった感じというものをぬぐい取るため受付というものも女子にしておいて、店をクリアな具合にしておき女子客の獲得というものを計ったのが女性固有キャッシングサービスとなります。無人の自動ATMというのが出てきたのもそういったわけなんです。こういうふうにして解るよう、そのようなわけで昨今も女子専用フリーローンをしてるカード会社があるのです。インターネット・サイトで申込みといったものができる現在必要がないよう思いますがそのころの使用者といったようなものも老人になっておりそのころのイメージといったものがまだまだあったりしてそう簡単に利用できない人というものがいるのです。若年層はそういった印象というのがなかったりしますので、気兼ねなく契約できてしまうのですけれども企業としたら熟年も獲得したいといった意思があるので現在も残存しているようなのです。婦人専属といったことで何かしらの利点があるのかと考えましたが、利息などについてを比較しても異なる点というのはないはずです。そういう事でも今後この方式というのが継続するかどうかはわかりません。